「わたし水を飲んでも太る体質なんです」

なんてことを平気で言ってのける人がいますが、ウソです。
そんなことは生物学的にありえません。

身体の水分量は、年齢や性別によって、ある程度の範囲が決まっています。
「元々の体重が50kgだった人が、水を飲み過ぎて100kgを超えた」
なんてことは、絶対にありません。

人間の体は約60%は水でできています。
但し、年齢差や性差があるので、一概に同じ数字にななりません。

ちなみに
   ・胎児は体重の約90%、
   ・赤ちゃんはは約75%、
   ・子供は約70%、
   ・成人では約60%、
   ・老人では50%
と年齢によって分かれます。

成長するにしたがって水分の割合が少なくなっていくのは、
体についてくる必要な脂肪分だけ水の割合が少なくなっていくからです。


体水分率 とは、体内に含まれる水分の事で、
  ・血液、
  ・リンパ液、
  ・細胞外液、
  ・細胞内液
などをいいます。 

脂肪は、皮下脂肪としていくらでも蓄えられますが、水分は、まとめて貯留するシステムがないので、余剰部分は細胞外液として皮下に溜まってきます。

この状態を「むくみ」といって、外観的にも触診的にも、病的であることが明らかです。
皮膚の弾力がなくなって、指で押さえるとしばらく凹んだままで戻りません。


この状態は、太ったとか肥満とは言わず、病気です。
腎臓などの病気でなければ、このような状態にはなりません。

水分率による多少の体重増減はありますが、一時的なものですぐに平常値に戻ります。
戻らなければ、病気です。


体脂肪率が高い人は水分率が低く、
逆に体脂肪率が低い人は水分率が高い傾向があります。

男性と女性に分けると、
 男性が水分量が多く
 女性のほうが水分量の割合が低くなります。
これは一般的に男性より女性のほうが脂肪が多いからです。

体が大きな人や、筋肉量の多い人ほど体水分量は多くなるため、 体水分率は女性よりも男性の方が高い傾向にあり、加齢とともに減少する傾向が見られます。


体水分率の標準範囲

  性別    男性  女性
 体水分率の標準範囲   約55% - 65%  約45% - 60%