ダイエットを科学的に考えるときに、エネルギーのことを理解しないと、本質的なことが見えてきません。
まず、今回は、エネルギーについて、考えてみましょう。

calene1

物質の状態が変化するときの、源になる力をエネルギーといいます。
物質の状態が変化するとは、動いたり、温まったり、光ったり、煙になったり、しびれたり、成長したり、燃えたり
  ・石ころが移動する
  ・水が蒸発して水蒸気になる
  ・りんごが樹から落ちる
  ・ろうそくが光る
  ・雷が光る
  ・川が流れる
  ・風が吹く
  ・犬がほえる

とにかく、何らかの変化があるときには、エネルギーの変化があるのです。

具体的にエネルギーの名前を挙げてみましょう。  
 ・電気エネルギー
 ・熱エネルギー 
 ・光エネルギー 
 ・位置エネルギー
 ・運動エネルギー
 ・化学エネルギー
 ・核エネルギー 

たくさんありますね。

電気エネルギーの単位〔kwh〕です。
  身近なので、概念は良く分かりますよね。触るとビリビリするやつです。
  電気はいろいろな用途に使えますね。
   ・蛍光灯やLEDで光ります
   ・冷蔵庫で冷やします。
   ・アイロンで熱くなります。
   ・モーターで電車を動かします。
   ・扇風機で風を起こします。
   ・テレビやコンピュータ、携帯、スマホ、なども電気で動きます。

熱エネルギーの単位は〔J〕ですが、ダイエットでは〔cal〕を使います。
  ・熱したり冷やしたりするときに移動する力の元が熱エネルギーです。
  ・水の中に熱く焼けた石を投げ入れるとジューと音がして、お湯になります。
   このとき、石が持っていた熱エネルギーが水に伝わってお湯になります。
  ・人間の体温が暖かいのも熱エネルギーのおかげです。

光エネルギーの単位は〔J〕か〔w・sec〕ですが、一般的ではありません。
   ルーメンやカンデラは明るさを表す単位でありエネルギーではありません。
  光を発する現象で確認できます。
  ・太陽が輝くのは、大きな光エネルギーが地球に届くからです。
  ・ろうそくや焚き火が光るのは、光エネルギーを発しているからです。
  ・蛍やヒカリゴケが光るのも、光エネルギーを発しているからです。

位置エネルギーはちょっと分かりにくいですね。
  ・高いところにある物質は、低いところにある物質よりも大きなエネルギーを持っているのです。
  ・ニュートンは、りんごが落ちる現象をみて、万有引力の法則を発見したそうです。
  ・地上にあるりんごは悪さをしませんが、樹の上から落ちるりんごは、ニュートンをいじめます。
   高いところにある方が偉いのが、位置エネルギーの特徴です。
   落下する力と言っても良いかもしれません。
        0704

運動エネルギーは、物質の移動に関わります。 
  ・自動車が動くには、運動エネルギーが必要です。
  ・モノを持上げたり、動かしたりするのも運動エネルギーです。
  ・プロレスの激しい試合は、ほとんどが運動エネルギーが原動力になっています。

化学エネルギーは目に見えないので理解しにくいですが化学反応で発生するエネルギーです。
  ・乾電池の中では、化学反応を起こして電気エネルギーを作っています。
  ・ダイナマイトは、化学反応で巨大な運動エネルギー(爆発)を発生します。
  ・使い捨てカイロは、鉄分が空気中の酸素と反応して熱エネルギーを発生します。

核エネルギーは、物理的には、質量がエネルギーに変化する現象です。
  ・理屈はともかくとして、原子力発電所の原理です。
  ・悪く使えば、核兵器(原爆)が出来ます。
  ・太陽の熱と光は、核エネルギーの産物です。

一回で、エネルギーからダイエットまで話をつなげると長くなるので、今回はここまでにします。

次回には、エネルギーは変換することを学びましょう。

 ダイエットの励みになりますので、応援のクリックをお願いします。