レコーディングダイエットの簡略型として知られているのが、NHKの番組「ためしてガッテン」で提唱した「計るだけダイエット」です。
ためしてガッテンの放送開始から20年目を記念して
   『20年目の大感謝祭! 厳選ワザ39連発SP』
という企画が2014年4月2日に放送されました。
nhktameshite
その番組の中で、小野アナウンサーがドレスで正装をして、わざわざスウェーデン・ストックホルムまで出向いて、数多(あまた)ある番組のガッテン技を、ノーベル財団の理事アメリンさんに紹介しました。
 
数々のガッテンワザの中から、ノーベル財団がナンバー1に選んだのは!

「計るだけダイエット」だったのです。

いわば、ノーベル賞クラスのテクニックと言っても良いくらいです。

計るだけダイエットは、総合的なレコーディングダイエットの一部をピックアップしたものです。
総合的なレコーディングダイエットとは、体重変動だけではなく、食べたものを徹底的に記録するものですが、計るだけダイエットは、朝夕の体重を記録するだけで、食べ物については記載しません。

それだけで、減量ができるとは理論的には考えにくいのですが、番組では脳の喜び反応によって、ダイエットが成功するとしています。

NHKでは、計るだけダイエットのテンプレートを公開しています。
自分で試してみたい人は、このテンプレートをダウンロードして記録すればすぐに始めることができます。

A4判とA3判がありますが、一般的にはA4プリンタが多いのでここではA4判だけを紹介しておきます。
  ・ オレンジバージョンのテンプレート
  ・ ピンクバージョンのテンプレート
  ・ グレーバージョンのテンプレート
これらは、いずれもレコーディングダイエットのテンプレートとして使えますが、摂取カロリーを記入する欄がありません。
その代わりに言い訳欄が設定されているのが特徴です。

このテンプレートを印刷して壁に貼り、毎日記入して眺めるだけで、脳が勝手に反応して喜び物資を分泌することによって、ダイエットにつながるのだそうです。
グラフになるところが、大きなポイントですね。

計るだけダイエットの結果をみると
  男性は本質的に分析や評価が好きなので、成功率が高い。
  一方、女性は甘いものが好きなために成功率が低いとの番組の検証結果もあります。

わたしが、このブログで科学的に検証しようとしているのは、摂取カロリーと消費カロリーの記録で、ダイエットが出来るかということですから、趣旨が少し違うかもしれません。

 ダイエットの励みになりますので、応援のクリックをお願いします。