ウォーキングマシンの傾斜を4%にすると消費カロリーが1.5倍になることを以前の記事に書きましたが、歩行速度はどんな影響を与えるのでしょうか。

ウォーキングマシンの速度を変えながら消費カロリーの値を読み取ってみました。

IMG_0614 
最初に体重を入力してから、歩行を始めると、こんな風なコントロールパネルに、時間当たりの消費カロリーが表示されます。

時速3km/hから7km/hまで、じょじょに速度を上げてみました。 

体重が84kgとした時の結果は、次の通りです。
歩行速度(km/h) 消費カロリー(kcal/h)
3 204
4 244
5 285
6 324
7 364
歩行速度を上げると消費カロリーが大きくなることが分かります。 グラフにするとこうなります。
hokousokud
 これによると、時速4キロから1.5倍の時速6キロに上げても、消費カロリーは2倍にはなりません。
およそ1.3倍です。

歩行速度が4キロなら、普通の速度ですが、6キロとなるとかなりの速足です。
小柄な人なら、小走り状態になるでしょう。

わたしの場合で言うと、速足で歩いたときに、20分間で100kcalを目安にすればよいようです。
毎日の消費ヒアロリー加算分を420kcalに設定しているので、速足歩行だけで稼ごうとすると、84分間歩き続ける必要があります。

でも、時速4キロ程度のゆっくり歩きでは、同じく84分間歩いても342kcalにしかならず、78kca足りなくなります。

ウォーキングでは、きびきび歩く歩行速度が、大事ですね。

 ダイエットの励みになりますので、応援のクリックをお願いします。